空ゴト日和の庭

主に本とゲーム

2024年3月読了本まとめ

<面白かった本> 今月、新規ものとしては「ブリジャートン家」シリーズに嵌ってました。 19世紀初頭のロンドンを舞台に、名門貴族であるブリジャートン家の兄弟たちの恋愛模様を描いたヒストリカルロマンスもの。 1巻目は、長女であるダフネの恋愛を描い…

2024年2月読了本まとめ

<面白かった本> まあまあ何も読めてない日々だった。しかし、「これは経費で落ちません!」やっと最新11巻まで読めたのは大きい。後は、最近嵌っている翻訳もの令嬢ミステリーを、今まで読んだロマンスもののノリで読んでいたらわりとがっつりミステリー…

2024年1月読了本まとめ

<特に面白かった本> 今月は、新規でピンときたものはなくシリーズばかり。 「情景の殺人者」シリーズ3冊目かな。前作、前々作と、キャラがつらい目にあっていたので、今回全体的にゆったりとしていて、心穏やかに読めた。というのも、事件の中心が完全に…

2023年下半期読書まとめ

上半期はこちら→2023年上半期覚書 年まとめは難しいので、やはり半年ごとに分けるのが正解のよう。そんなわけで下半期面白かったもの。 ・下半期ベスト 個人的ベスト。最終月に読んだので印象深いというのももちろんあるのだけど、自分の癖にめちゃくちゃ刺…

2023年12月読了本まとめ

<面白かった本> 12月は毎年そうなんだけど、年間と重なるのでさくさくっと。 「漆黒の慕情」これはもう、すっごく良かった。個人的年間ベストだと思ったくらい私の癖にもドンピシャで、こういうのが私は好きなんだよと言いたくなる見本のような作品だっ…

2023年11月読了本まとめ

<面白かった本> 今月は続きものばかりであまり新規開拓がなかったなという印象。 「薬屋のひとりごと⑭」絶賛アニメ放映中ということで、あんまりネタバレになっても嫌なので、さくっとだけ。名持ちの会合、羅一族大集合のシーンがすごく好き。みんな変人だ…

2023年10月読了本まとめ

<特に面白かった本> 今月読んだ冊数は16冊。わりと面白い本を多く読んだ気がする。 「茉莉花官吏伝15」 今巻から御史台に異動となった茉莉花。今までは外国での問題ごとを解決する話だったのが、今回からは国内の事件を解決する話に。茉莉花は、優秀す…

2023年9月読了本まとめ

<面白かった本> 「公爵さまが、あやしいです」 これは2巻目の”公爵さま、いい質問です”というタイトルに目を惹かれて、1巻を手に取ったものだけどめちゃくちゃ良かった。英国19世紀を舞台にしたロマンスミステリー。一昔前の少女小説ミステリーものを…

2023年8月読了本まとめ

<面白かった本> 「捜し物屋まやま」 先月読んだ吸血鬼の話が面白かったので、こちらも読んでみたのだけど、めっちゃくちゃ良かった。3巻完結という文句だけ見えるんだけど(まだ読んでない)、え、勿体ない。話は、無職引きこもりの三井が家が全焼して行…

2023年7月読了本まとめ

<面白かった本> 「影踏亭の怪談」 前回読んだB級ホラー的な怪物が出るのではなく、しっかり現実的(?)なホラー現象が起こりつつも人の手による殺人事件がメインのホラーミステリー。怪談作家である主人公が体験する連作短編。ホラー要素もミステリー要…

2023年上半期覚書

この時期になるといつも上半期まとめをするか悩むのだけど、既に1月のことがうろ覚えなので覚書程度のメモは書きたい。読書とその他はまったもの。 <小説ラノベ> 古宮九時作品にとてもはまった。前から名前は知っていて気にはなっていたが暗そうという理…

2023年6月読了本まとめ

<面白かった本> 「魔導具師ダリヤはうつむかない」とうとう読み始めました。わりと前から人気なのは知っていたものの、お仕事&日常ものというワードが私に全然響かなかったのですが読んでみたら面白い。これは流石に人気になるはずだと思いました。そもそ…

2023年5月読了本まとめ

<特に面白かった本> 古宮九時作品づくしの月でした。 「Babel-バベル」 現代女子大生が異世界転移する話。なんだけど、先にアンメモを読んでいたので、知ってるファンタジー世界に現代人が迷い込んだ!みたいな感覚で始まりから楽しかった。元の世界…

2023年4月読了本まとめ

<面白かった本> あんまり読めてないのもそうなんだけど、新刊が茉莉花官吏伝のみで、それ以外はかなり古めの作品ばかりというね。 「Unnamed Memory1」 いつか読もう読もうと思っていて、はや数年、アニメ化が決まったということで今度こそ読もうと、やっ…

2023年3月読了本まとめ

<特に面白かった本> 「執事たちの沈黙」珍しく漫画を読んだ。某滞在所で始めの数巻を読んで続きを読みたくなったので残り巻数を電書で全大人買いした。昼はお嬢様の完璧執事だけど、プライベートはぐうたら女たらしなクズという和巳。お嬢様がひょんなこと…

2023年2月読了本まとめ

<面白かった本> 今月は、謎の体調不良でダウンしてた為あまり読めてないのですが、「薬の魔物の解雇理由」漫画版発売!ということで蘇りました。とうとう発売しました。嬉しい。元々、文章がキレイなタイプの小説で漫画にするには難しいのではと思っていた…

2023年1月読了本まとめ

<特に面白かった本> 読了冊数は17冊。ホロヴィッツの「その裁きは死」を読むために1週間くらいかかったので、そこを考えるとまあまあ読んだなという印象。 「シュガーアップル・フェアリーテイル」新章新刊。アニメに合わせて云年ぶりに続編開始という…

2022年読了本まとめ

2022年の読書数は読書メーターによると152冊。とはいっても、ずっと言ってるけれど「薬の魔物の解雇理由」に完全に大嵌りしていた年でした。 <ベストオブベスト> 今年一年狂いに狂った元凶の作品。続きをWebで読みふけっていたせいで紙の本はほぼ読…

2022年12月読了本まとめ

<面白かった本> 12月分読了本まとめといえば、毎回年まとめと重なっててんやわんやなので、今回もさくっと簡単に。 「メインテーマは殺人」ホロヴィッツ作品は『カササギ殺人事件』が面白すぎたので、別作品となると手を出すのが遅れたが、とてもオーソ…

2022年11月読了本まとめ

<面白かった本> 「サイレント・ウィッチ」人見知りなオトオド系女の子が実は最強な七賢人の一人で学園に潜入して王子様をこっそり護衛しつつ学園生活を頑張る話。大がかりな話ではなくミステリーファンタジーみもあって個人的にこの雰囲気は大好き。このラ…

2022年10月読了本まとめ

今月もwebでは「薬の魔物」を読んでました。2週目の読み返しターンに入るも相変わらず面白い。一生応援したい。 <面白かった本> 読んだ冊数は14冊。とはいえ、中々ピンと来るものは少なかった模様。 「茉莉花官吏伝」13巻、今回は国外に出張に行く…

2022年9月読了本まとめ

今月もwebでは「薬の魔物」を読んでました。読み終わってしまった。 <面白かった本> 「薬の魔物」が読み終わり喪失感があったので、わりと冊数だけは読んだのだけど、ふわふわした頭で読んでしまったことは否めない。 「続・金星特急」元々無印は好きだ…

2022年8月読了本まとめ

<今月印象に残った本> 相変わらず、webでは「薬の魔物」をずっと読んでいるのですが、そんな中で、今月は、まあまあ良いものを読めたかなという印象です。 「薬屋のひとりごと⑫」 今回、個人的にかなり面白かった。何回か言ってるけど、私は、主人公の…

2022年7月読了本まとめ

先月からずっと、「薬の魔物の解雇理由」を読んでいて、本気で他の本を読めていなのですが、それでも多少なりとも読んでなくもなかったので。 <印象に残った本> 7月の前期あたりに読めた本。この頃はまだ「薬の魔物」に頭が浸食まではされてなかったです。…

2022年6月読了本まとめ

<特に印象に残った本> 本当いうと、今月は、「薬の魔物」シリーズweb版をずっと読んでいて、書籍の方はほぼ読めていないのですが、そのせいで久々に読んだ漫画を挙げるはめになりました。いや夏目友人帳は本当に好きで、私が唯一買い続けている漫画でも…

2022年5月読了本まとめ

<今月印象に残った本> 今月は霊媒探偵系を多く読んだかなという印象です。 相沢沙呼さんの「霊媒探偵城塚翡翠」は前々から気になっていて、文庫化したら読もうと思っていてやっと読めた作品です。1ページ目から犯人にピンときてしまった為、そういう目線…

2022年4月読了本まとめ

<特に印象に残った本> 今月一番衝撃的だったのは何といっても女性向きエロレーベルであるメリッサ文庫から出てる「魔術師は愛しい家を手に入れる」が普通にすごく良い話だったことです。わりと前の作品ですが、元々メリッサはラブロマンスという枠に入りき…

2022年3月読了本まとめ

<特に印象に残った本> 少女小説のアニメ化決定の報を聞くたびに、『茉莉花官吏伝』をアニメ化してくれよと思ってしまう私ですどうも。『茉莉花官吏伝』12巻、今回も最高に面白かった。前回の傭兵学校潜入からの解決編で、相変わらず茉莉花は無双していま…

2022年2月読了本まとめ

特に印象に残った本 「勘当されたので探偵屋はじめます!~」 永瀬さらささん最新作。正直タイトルと内容が合ってないと思ったけど、めっちゃ面白かった。帝国の遺産と呼ばれる呪物のようなものを回収すべく、マジカルハットみたいなマスコットキャラととも…

2022年1月読了本まとめ

今月から読メベタ貼りではなく特に印象的だった本を上げていこうと思います。実際には読んでる冊数は少ないのでベタ貼りでも問題ないのですが、後から見返したときに私が見づらいなと思い。読メは下に貼ります。 「ロード・エルメロイⅡ世の冒険①」 FGO関…