空ゴト日和の庭

主に本とゲーム

2022年読了本まとめ

2022年の読書数は読書メーターによると152冊。とはいっても、ずっと言ってるけれど「薬の魔物の解雇理由」に完全に大嵌りしていた年でした。

 

<ベストオブベスト>

薬の魔物の解雇理由2【電子書籍限定書き下ろしSS付き】薬の魔物の解雇理由3【描き下ろしイラスト付き】

今年一年狂いに狂った元凶の作品。続きをWebで読みふけっていたせいで紙の本はほぼ読めず、しかし、楽しすぎる毎日だった。いまだに好きすぎて冷静に語れないのだけど、とにかく長い(書籍で続きが出たら50巻は堅い)作品が読みたいという人はぜひ読んで欲しいし、面白かっこいい男キャラが見たいって人も読んで欲しい。個人的には女性向けキャラノベだとは思うけど、ストーリーももちろん良き良きの良きなんだけど、それ以上にキャラが良すぎてそちらに萌えの波動が吹っ切れる。読むべき人の手に届いて欲しい作品です。

<いつもの好きシリーズ>

薬屋のひとりごと 12 (ヒーロー文庫)茉莉花官吏伝 十三 十年飛ばず鳴かず (ビーズログ文庫) 

問答無用のいつもの好き。薬屋はもう既に十分有名なので言うことないが、茉莉花官吏伝はもっと有名になっていい。一見弱々だが頭の良さで無双して問題解決タイプは男性読者にも受けると『サイレント・ウィッチ』で知ったので、もっと読まれるべき。

<新しい好き>

サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと (カドカワBOOKS)サイレント・ウィッチ IV -after- 沈黙の魔女の事件簿 サイレント・ウィッチ -after- (カドカワBOOKS) 

というわけで『サイレント・ウィッチ』という新しい好きに出会えました。無口で人前でしゃべるのが苦手なため無詠唱を極め七賢人となった主人公・モニカが王太子を影ながら守るため学校に潜入して、あれやこれやな事件を解決する話。久しぶりにこうラノベらしいラノベを読んだかもしれない。七賢人かっこいい。早く学校の外に出て大活躍して欲しい。

<久しぶりの好きシリーズ>

青の呪い 心霊探偵八雲 (講談社文庫)バチカン奇跡調査官 秘密の花園 (角川ホラー文庫)

バチカンシリーズは、久しぶりに止まっていた巻数から少しずつ読んでいったのだけど思わぬ好きに再開した感じでした。特に脇キャラが、偽婚約者コンビやら、天才ローレンとアメデオのコンビやら、いつの間にか充実していて楽しく読めた。八雲シリーズは単行本で本編は終わっていて、これは高校生時代の別の語り部視点からのスピンオフ。こういうシリーズ主人公を別視点から見るタイプの物語は大好きなんですよね。これからも続けていって欲しい。

<続きを出して欲しい枠>

勘当されたので探偵屋はじめます! 実は亡国の女王だなんて内緒です (アース・スター ルナ)今日から悪女になります! 使い捨ての身代わり聖女なんてごめんです (一迅社文庫アイリス) 

永瀬さらささんも、小野上明夜さんも、前から知ってる作家さんだけど、久しぶりに、これは面白い!と思える作品に出会えた。

永瀬さらささんのやつはタイトルが行方不明だけど、個人的にはとても魔法少女ものアニメなイメージでした。不思議無生物を片手に呪いのマジックアイテムを回収するため旅に出て、情報を探るため探偵屋を営む。そこに謎の怪盗が現れて邪魔をしたりする。そして個人的には世界観がとても面白い。翼ある天使が普通に人間社会の頂点に存在したり、昨今中々見ない。あとがきにも続き云々と書かれてあったので続きは下さい。

小野上さんの悪女の方は、男二人組が女の子を利用するため自分たちに惚れさせ作戦に出てまんまと好きになってしまった主人公なんだけど、企みを知った後も好きは変わらず、でも自分のことを本気で好きになるわけないと卑屈精神かつ、でも折角なのだからいい思いをしようと謎ポジティブ精神を発揮する。相手がどう思ってるかわからなくとも自分は好きだと貫ける前向き主人公がとても好きだし、個人的には最後までヒーローの真意がわからないままなのも良い。続きが大変気になる終わり方だったのでこれは続きはあってしかるべき。お願いします。

続きを出して欲しい枠だけ、真面目にあらすじ感想書いてしまった許してください。もう少し一般書も入れようかとも思ったのだけど、実際ブログに書くとなると多かれ少なかれ広まって欲しい作品をと思ってしまい一般書は、例えば森博嗣とか私はめちゃくちゃ好きなんだけど、他の人に勧めたいかといえば、別にいいかなと思っちゃうんですよね。ただ、完全新規で読んだ「皇女アルスルと角の王」は面白かったので、作者の鈴森琴さんはこれから気にしていきたい。

漫画に関してはほとんど読まなくて「ワールドトリガー」と「夏目友人帳」だけずっと読んでて、今回は「吸血鬼死ぬ」のアニメが面白かったので続きを読んだという感じかな。

2022年は「薬の魔物」に出会えたというだけで幸せな年だった。こんな素晴らしい作品になんて今後はきっと出会えないと、こんな素晴らしい作品を知らなかったのだからきっとまだ見知らぬ素晴らしい作品はあるはずだとの思いがせめぎ合っている。2023年も新たな好きに出会えますように。

 

2022年読書まとめ - 読書メーター

2022年12月読了本まとめ

<面白かった本>

メインテーマは殺人 ホーソーン&ホロヴィッツ・シリーズ (創元推理文庫)バチカン奇跡調査官 秘密の花園 (角川ホラー文庫)サイレント・ウィッチ IV -after- 沈黙の魔女の事件簿 サイレント・ウィッチ -after- (カドカワBOOKS) 

12月分読了本まとめといえば、毎回年まとめと重なっててんやわんやなので、今回もさくっと簡単に。

「メインテーマは殺人」ホロヴィッツ作品は『カササギ殺人事件』が面白すぎたので、別作品となると手を出すのが遅れたが、とてもオーソドックスで基本を押さえた作りが丁寧で楽しく読めた。前作ほどびっくり要素があるわけではないが、個人的には、シリーズ通して何かありそうと穿った見方をしてしまう。続きも読みましょう。

バチカン奇跡調査官」23冊目。とうとう最新刊まで追いつきました。とは言いつつ、こちはら短編集。アメデオ、ローラン組や、ジュリアの動向がわかる。こちらが本編にどう関わってくるか楽しみ。前回の最後で動きがあった新章は次からかな。

「サイレント・ウィッチ」こちらも最新までざっと読んだ。七賢者の過去話がとても良い。最強集団がへたっているイラストもかわいいし、前から思っていたが他と比べて表紙や口絵イラストのデザインがすごくいいように思う。気にせいかな。Webは未読で書籍のみで追いかけようとは思ってるんだけど、個人的には学校内に留まるより世界に羽ばたいて活躍するモニカが見てみたいな。

毎回のように言うけど、今年は『薬の魔物の解雇理由』に大嵌りして、狂ったようにWebを読んで幸せいっぱいに支配された一年でした。作者のことを考えると一概に幸せとは言い難いかもしれないが、それでも私にとっては読んでる間が、考えられないくらい楽しくて、毎日が幸せでした。その分読み終わった後の喪失感もありましたが、この作品に出会えたという幸運は変えようがありません。

いまだに2周目を飽きることなく読んではいるものの、少しずつ立ち直れてきているので、また『薬の魔物』のような面白い作品に出会えることを期待して来年も色々な本を読んでいきたいです。

 

以下、読書メーターです。

続きを読む

2022年11月読了本まとめ

<面白かった本>

サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと (カドカワBOOKS)バチカン奇跡調査官 天使の群れの導く処 (角川ホラー文庫)オメガ城の惨劇 SAIKAWA Sohei’s Last Case (講談社ノベルス)桜風堂ものがたり(上) (PHP文芸文庫) 

「サイレント・ウィッチ」人見知りなオトオド系女の子が実は最強な七賢人の一人で学園に潜入して王子様をこっそり護衛しつつ学園生活を頑張る話。大がかりな話ではなくミステリーファンタジーみもあって個人的にこの雰囲気は大好き。このラノランクでちょっと気になってて、ただ女性ランクに入ってなかったのでそこも気になってたんだけど普通に女性向きOKな内容でしょう。なんで女性人気ないんだろ。恋愛色がないせいかな。取りあえず、書籍出てる部分は書籍で読んで、残りをwebで読むか書籍を待つか考えましょう。

バチカン奇跡調査官」今年に入って途中止まってたところから読み始め再開して、とうとう最新まで後一冊の22巻目。面白くてあっという間でした。メインの二人より、偽婚約者コンビや、ローレンやシン博士など、脇キャラが光ってたように感じる。ここにきてまさかの新展開ぽい話も出てきて、これからも楽しみにしていきたいシリーズ。

「オメガ城の惨劇」シリーズの流れを組みつつ、あの人ではなく、あの人とあの人が出てくる話。孤島に集められた招待客。閉じ込められた城で惨劇が繰り広げられる。王道の展開を用意しつつ森風に少し捻った感じ。シリーズ好きにとっては楽しい。個人的には最後にあの人が出てくるとは思わなかった。

「桜風堂ものがたり」村山早紀さん、そろそろ作者読みしてもいいかもしれない。すごく温かい物語だった。困難に陥った主人公が、人の助けを得て前向き、また別の人を助けて繋がっていく物語的な心地よさが最高だった。

今回は「薬の魔物」の影響で、久しぶりにこのラノ投票&購入したせいで昨今のラノベ環境を知れてちょっと楽しかったです。世間の人気と、自分の好きがかみ合う想像は安易にできないものの、まず知らないと検討しようもないのでね。ただ、サイレントウィッチはこのラノというよりつぎラノの影響。ノミネート作品も少なく、桜瀬作品以外も何か入れたいということで、面白いものに当たるまで片っ端から読んでいこうと思ってたのに、一発目で当たりを引けたのは僥倖だった。ありがとう。来年も参加したいからくすまもは4巻出して下さい。宜しくお願いします。

 

続きを読む

2022年10月読了本まとめ

今月もwebでは「薬の魔物」を読んでました。2週目の読み返しターンに入るも相変わらず面白い。一生応援したい。

<面白かった本>

茉莉花官吏伝 十三 十年飛ばず鳴かず (ビーズログ文庫)バチカン奇跡調査官 三つの謎のフーガ (角川ホラー文庫) 

読んだ冊数は14冊。とはいえ、中々ピンと来るものは少なかった模様。

茉莉花官吏伝」13巻、今回は国外に出張に行くのではなく、国内でお見合いとお祭り行事と平和な話。珀陽との関係はお互いが賢すぎて凡人には理解できない天人の会話をしてらっしゃる。個人的には命の危険もなくのんびりした話で物足りない気持ちも。

バチカン奇跡調査官」長編短編合わせての21冊目。思えば随分続いていますね。今回は奇跡調査の話ではない短編集。一つ目のアメデオ、ローレン、フィオナの三人組の事件簿が大変面白かった。藤木凛さんといえば最近はずっとバチカンシリーズばかりだけど、こういう普通の殺人事件ものももっと読みたい。特にアメデオ⇔ローレンの関係性は面白いのでピンでいけるのではないか。尚、感想はこちらで書いた。こっちのブログはちょっと「薬の魔物」に狂ってるけど、狂ってるだけなので気にしないで欲しい。

11月に入り、目星をつけていたアニメを大体見たのですが、個人的ヒットは「ブルーロック」でした。めっちゃ面白い。弱ペダにはまっていたあの頃を思い出す。疑似的デスゲームめいた雰囲気で、戦いものは好きだが人死には嫌だ(という理由でガンダムは見てない)という人にぴったりなのが実はスポーツものだったりします。しかも、これが現実からは若干乖離した特殊設定な世界観でかっこ良さが前面に出るようなタイプの話だと尚良い。絵もキレイでキャラクターたちも良さげなので取りあえずはアニメを楽しんで終わったら原作を読みたい。

 

以下、読書メーターです。

続きを読む

2022年9月読了本まとめ

今月もwebでは「薬の魔物」を読んでました。読み終わってしまった。

<面白かった本>

結界師の一輪華 (角川文庫)続・金星特急 竜血の娘(1) (ウィングス・ノヴェル)バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点 (角川ホラー文庫)

「薬の魔物」が読み終わり喪失感があったので、わりと冊数だけは読んだのだけど、ふわふわした頭で読んでしまったことは否めない。

「続・金星特急」元々無印は好きだったけど、私の中でキレイに終わっていてどうしようかなと思っていたけど、この度やっと読めた。ユースタスと砂鉄がものすごく好きだったことを思い出しました。そして4巻で絶望した。なぜこのタイミングで読んだのか。「バチカン奇跡調査官」ずっと好きだし新刊はずっと積んでる。今回読んだのは、18、19冊目。久しぶりに読んで、ビルとエリザベートの関係に困惑したけど、この二人の話はかなり好きかもしれない。偽装恋人に偽造結婚とか昨今の流行を随分前に取り入れていた。チャンドラ・シン博士がかなり好きになった。この前新刊も出ていたし、そろそろががっと読んでいきたい。「結界師の一輪華」鬼の花嫁は合わなかったけど、こちらは面白かった。主人公の女の子が強い力を隠し持っていて、その力が欲しい術師トップの人が、黙っていて欲しくば契約結婚をするようにと迫ってくる話。基本、主役二人がつよつよなので爽快に話は進んでいくし、強気な女の子と俺様風ヒーローなコンビは嫌いじゃない。

今回、読んだ冊数自体はまあまあだったが、あかん感想を持ってしまったものも多くて、下に隠しました。

以下、読書メーターとその他の本の感想。

 

続きを読む

2022年8月読了本まとめ

<今月印象に残った本>

薬屋のひとりごと 12 (ヒーロー文庫)聖女ヴィクトリアの逡巡 アウレスタ神殿物語 (角川文庫) 十三歳の誕生日、皇后になりました。7 (ビーズログ文庫)薬の魔物の解雇理由3【描き下ろしイラスト付き】 

相変わらず、webでは「薬の魔物」をずっと読んでいるのですが、そんな中で、今月は、まあまあ良いものを読めたかなという印象です。

薬屋のひとりごと⑫」

今回、個人的にかなり面白かった。何回か言ってるけど、私は、主人公の女の子がひどい目に合うのが好きなので、猫猫がわりとガチめのピンチに陥るシーンはドキドキものでした。最終的には様々な形の”LOVE”が溢れる話になっていて大変ニマニマされて頂いた。

「聖女ヴィクトリアの逡巡」

霊を視ることができる聖女ヴィクトリアの事件簿。事件簿というにはファンタジーにより過ぎているものの、広義の意味ではそんな雰囲気かなと。今回の話は、密室の中での皇帝自死事件。10人の次代皇帝候補者の継承戦が始まる中、皇帝の死は事件か殺人かと謎を解き巡ることになる。シリーズ2巻目ということで、これから長く付き合うことになりそうなキャラクターの個性が見えてきたかなという巻でした。個人的にロディスとアドラスの関係がかなり良くて、キャラクター目線からも今後は楽しめそうです。

「十三歳の誕生日、皇后になりました。⑦」

14歳になるのはいつだろうと思いながらずっと見てます。14歳になったら終わってしまうんでしょうか。個人的にはもう少し大人になって莉杏に翻弄される暁月を見て見たい。このシリーズは恋愛というより、事件解決もののカタルシスの軸を強く見てしまっているのですが、莉杏からの矢印はつよつよで大変良いものの、暁月側の問題として、流石に今の段階で男としての本能が目覚めてしまっても複雑なので、はよ成長して私の恋愛センサーにも引っかかるようになってもらいたいなぁと考えしまいます。

「薬の魔物の解雇理由③」

3巻発売ありがとうございます!と言いたくなった本巻。しかし、この巻までは作者が手直し原稿を残しておいたらしく、本番は4巻以降。どうか続きも書籍化して欲しい。web版であれだけの量があるのだから発売することに問題はないはず。後はどう手直しと調整を出版社側でどうするかということだけど、読者としては、そのまま紙の書籍として形に残るだけで嬉しいので、どうかどうかお願いしますとしか言えない。

後、あんまり言いたくないけどやっぱり言うけど、漫画版は微妙だった。なろう系漫画の当たり外れは仕方ないけど、仕方ないけど。個人的に「薬の魔物」漫画イメージは高河ゆんさんなんですよね。描いて欲しいなんて贅沢は言えないけど、男女の関係性とか男男同士の関係とか身体的接触過多な雰囲気な世界観とか、私の頭の中でのイメージは完全に高河ゆん。妄想くらいは自由にさせて頂くしかない。

以下、読書メーターです。

 

続きを読む

2022年7月読了本まとめ

先月からずっと、「薬の魔物の解雇理由」を読んでいて、本気で他の本を読めていなのですが、それでも多少なりとも読んでなくもなかったので。

<印象に残った本>

屍介護 (角川ホラー文庫)生命式 (河出文庫)

7月の前期あたりに読めた本。この頃はまだ「薬の魔物」に頭が浸食まではされてなかったです。「屍介護」は訪問介護に行った先で恐怖に囚われるというホラーもの定番の導入から始まり、ミステリー的な不可解なことが続き、謎を追求していくうちに本格的な何か変だぞの流れから怪物的パニックムービー風な流れもあり、最終的にはファンタジー要素(自分的定義)も加わり、だからこの表紙イラストなのねとオチを感じ、なかなか面白かったので作者のことは気にかけようと思います。村田沙耶香さんの「生命式」は、今までの短編集の中では一番落ち着いていて(この表現で良いのか)村田沙耶香さん知る導入書として大変良いのではと思ってしまいました。食べ物、生命に関して今とは違う価値観な世界とそこに生きる人々の短編集です。葬式で故人の体を食べるという風習の世界の話、死した人間の一部を家具や服などに再利用することが普通になっているというパンチの効いた話から、普通と価値観についてのズレに関わる話が多かったように思います。個人的には『素晴らしい食卓』がとても興味深かった。いわゆる"サプリメント"のようなものだけを食べる習慣が流行っていて、普通の料理を食べなくなりつつある夫とそれを疑問に思う妻、魔界の転生者を自称して謎の料理を作る妹や、虫などのゲテモノを食べる人、ファーストフードな嗜好品ばかりを食べる人など、それぞれの食の価値観について衝突し、他人に合わせるのではなく個人個人が好きなものを食べればいいじゃないと結論づけたのだがその後に、、という話なのだけど、最終的に感じることは人によって違うのだろうなと思ってしまいました。村田沙耶香さんの作品はとかく、人によって感想が違うというのが私の思うところで、「コンビニ人間」も多く色んな人に読まれたからこそ感想も溢れ、自分の感性と違うことを書いている人が多く、何が正解ということはないのだけど、それでも人の価値観は本当に違うんだなと思わせます。今回のオチも、結局は他者の価値観を受け入れるのは難しかったのかなという風に受け取りました。村田作品は、何となく、価値観の合わない何かを受け入れるのでなく、自分の価値観を押し通す意志の強い方が幸せになることが多いように思います。

7月はかろうじて2冊は読めたものの、8月はどうなるでしょう。個人的には、本当にそろそろ他の本も読みたいのですが、「薬の魔物」の続きが読みたくてたまらないのです。このシリーズ、おそらく書籍化したなら50巻以上は確実にありそうでとにかく長い。それでいながら、私が終わって欲しくないので読み終わりたくないという葛藤を抱えつつ読んでるせいで、進みは早くない。ならばと、他の本に手を出すべきこそが大正解なのですが、中々そうもいかず。今月はせめて3冊以上は読みたいですね。